夜勤専従看護師への看護師転職

夜勤専従看護師への看護師転職。非常に高待遇となります。

日本各地の多くの医療機関にて人材の深刻な欠如が指摘されている看護師さんですが、その原因の1つに夜勤の多さに対応できないということが挙げられます。
夜勤は看護師さんにとっては宿命と呼べるべき仕事ですが、同時に安定した収入を上げて行くためには夜勤をこなさなければならない現実的な事情もあるのですよ。

 

看護師転職・求人サイト!無料登録はこちら!高収入求人多数

 

それでも夜勤を続けて行くことで健康問題に不調を来してしまう看護師さんも非常に多く、その結果看護師そのものを続けることができないという結果になってしまうようです。

 

この夜勤ですが、夜勤そのものに看護師としての業務を続けられない原因があるわけではありません。つまり、日勤と夜勤の繰り返しで生活のリズムを壊してしまうことにより、体調を悪くしてしまうということになるでしょう。

 

そこで看護師さんによっては、夜勤業務に徹して仕事を続けようとされる方もいらっしゃるようですね。このような求人の看護師を一般的に夜勤専従看護師さんと呼びます。

 

夜勤専従の看護師さんですが、雇用形態を厳密に分けますと3つパターンに分けることができるようです。

 

・基本給+夜勤手当+ボーナスで給与が支払われる看護師(常勤)
・夜勤手当(基本給分込み)+ボーナスで給与が支払われる看護師(常勤)
・夜勤手当だけで給与支払われる看護師(非常勤)

 

一般的に基本給が夜勤手当と別個になっている雇用形態は少なく、夜勤手当に基本給が上乗せしてある雇用形態が多くなるようです。
この場合の正規職では30,000円から40,000円の間で組まれる夜勤手当が支給されることになり、通常月に8回から10回程の夜勤をこなしていきます。さらにボーナスが支給されますと日勤と夜勤併用の求人と比べますと非常に高待遇となることが多くなります。

 

さてそんな夜勤専従看護師への転職を進めて行くのであれば、インターネットにおける看護師専門の求人紹介サービスに無料登録を進めて行くことによって効率的な求人検索ができるようになるでしょう!